39坪3LDKガレージハウスの間取り図

ガレージのある家にあこがれる人も多いです。

ガレージ付の家を持つ場合、屋外のガレージと
ビルトインガレージにする場合があります。

ビルトインガレージは建物内部に駐車場を持つことで
シャッターありやなしに関わらず建築のコストに含まれます。

ガレージの位置ですが玄関近くに配置して
ガレージから家に入りやすくするプランがあります。

雨にぬれず家の玄関にいけるのがメリットですが
玄関が暗くなる場合もあります。

その場合一階の面積が大きくなるので
2階のプランはゆとりのあるプランニングができます。

コストアップにはなりますが
贅沢な間取りを作ることが可能になります。

 

また、車の好きな人のガレージハウスに多いのは
リビングやダイニングに駐車場が隣接するタイプのものです。

居間からガレージの中の愛車が見ることができます。

この場合窓がガレージにふさがれるので
ほかの面から明かりや風を考慮していかなければなりません。

 

家づくりで個性的な間取りを求める場合
何かを我慢することで自分だけのプランになることがるので
まずは気にせずチャレンジして比較検討しましょう。

38坪の住宅の間取り。収納の多い家の作り方

部屋をすっきりするためには収納が必要です。
収納部屋・納戸部屋のあるプランニングです
各部屋の収納以外にも廊下から使える収納も

たっぷりとりましょう。

 

38坪あれば部屋以外にもスペースを作ることができます。

しかし収納を増やすということは部屋の
大きさが減ってしまうということですので
部屋の大きさを狭くしないで
収納のスペースを取りたいのであれば
廊下などのスペースを極力減らしていくことです。

遊びのあるスペースというよりは
遊びを極限までなくした住宅作り、
プランニングになります。

ある意味プロの作業になるので
パズルを楽しむ感覚で無駄のない間取りの家をつくります 。

 

壁一面を収納にしていくのもありです。

部屋の壁が収納なのですから部屋はいつもすっきりと納まります。

東西に広いプランであれば東西に長い収納をつくるのも手です。

住宅をすっきりするために壁面収納を活用しましょう。

 

 

37坪吹き抜けのある間取りの作り方

37坪のプランニングでは必要な部屋数の確保と
さらに収納量を大幅に増やすゆとりがあります。

33坪から34坪の標準的な間取りよりも
3坪ほどゆとりがある、一部屋分ゆとりがあると思ってください。

ですからウォークインクロゼットや廊下の収納も
あらゆる場所に増やしていくことができるので
インテリアはすっきりと整理整頓され
イメージの通りの生活を楽しむことができます。

新築当初は物があふれなくてもだんだん増えるものです。

玄関に大きなシューズクロークを設けることも可能です。
壁面収納もいくつも配置することができます。

二階のプランは吹き抜けを多くしてみました。
大空間は思い切ったプランニングから生まれることもあります。

予算はかかりますが最初の見積もりを見て
現実に吹き抜けのある住宅が可能かチェックしましょう。

37坪の住宅は単世帯の戸建住宅としては
裕福な間取りといっても良いでしょう。

工夫と使い勝手をと空間的な迫力を併せ持つ住宅を
つくるのに現実的な大きさといえます。

ひとつランクの上の間取りづくりにチャレンジしましょう。

洗濯室のある家の間取り図

主婦にとって毎日の洗濯は大事なこと
その割りにリビングやダイニング重視で
洗濯室や洗濯物への配慮はしてないものです。

それはリビングやダイニングを優先した場合
日当たりのよい場所には脱衣室や洗濯スペースを
配置していくことはあまりしないからだと思います。

でも実は南の明るい場所に洗濯室をがあると
物を干したり乾燥するのには最適だと思います。

最近は2階ベランダへ物干しをする例も多いのですが
洗濯機からスグ物干しがあっても便利なはずです。

洗濯物を室内で干したい場合
2階の1室をサンルームにして
部屋干しのスペースにする例があります。

洗濯物を干していないときはサンルームとしてつかうプランは
夫婦が共働きで仕事をしている場合有効です。

梅雨などの時期で洗濯物が外に出せない場合
家のどこかに部屋干しのスペースがあるだけで
毎日快適な洗濯環境が整います。

毎日する生活に必要な作業を快適にする住まいは
明るく楽しい家のイメージになります。

暗いところで洗濯してはいけません。

しかもこの洗面脱衣室は朝から明るくて気持ちが良いです。

快適で健康的な生活のできる住宅は
健康素材だけでなく健康的な間取りプランで可能になります。

36坪の住宅の間取りをつくる

道路が北入りの場合や敷地の間口が東西に広い場合

南側を明るくゆったりとしたプランニングをすることが可能です。

東と南の光は住宅にとって心地よいのです。

1階の廊下に収納スペースをとって

機能を充実される方法も良いです

家の形を東西に広くするのは敷地の大きさがなくては

なかなか実現することができません。

敷地選びのときも東西に長い敷地は探すのが大変でしょう。

不動産の会社に条件をしっかり伝えるのも必要になります。

横に広くプランニングすることが可能になるので

和室も独立した間取りにすることができます。

リビングの上部に部屋を作らないような間取りをすることで

吹き抜けを設けることが可能になります。

ダイニングの上に吹き抜けをとるのも良いでしょう。

北からの道路でなくても間口が広ければ

南からの玄関でも南に側にたくさんの窓を設けることができます。

北にも窓をとることで風通しを良くすることができます。

窓は廊下や階段、キッチン、洗面脱衣、トイレなどに配置して

光と風を取り込んでいきます。

戸建の住宅ならではの明るさと風通しのある家を

プランニングしてみましょう。

ワードでできる間取り

間取り シュミレーション 無料

無料の間取り作成サービス

最近の投稿


間取り集

間取り フリーソフト

https://madrixclub.chottu.net/

アーカイブ